catch-img

新規顧客か既存顧客か1:5の法則/アパレルのコンサル

顧客には種類がある。

顧客には二種類のタイプがあります。

初めて来店される新規の顧客と、既に来店や購買履歴がある既存の顧客かです。


1:5の法則とは。

新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかるという法則です。

既存顧客には、一度来店されて購買履歴がある訳ですから、顧客とのつながりができます。

継続的なアプローチとして。個人情報を取得できればお礼ハガキやメール、ポイントカードや

LINE@への登録、DMなどで接触することができます。また、既存顧客からの紹介という方法もあ

ります。つまりホスピタリティなどで信頼関係を築くことができます。


これに比して新規顧客は、路面店であればふらっと立ち寄ってくれれば良いのですが、信頼関係は

築くことはできていません。来店していただくためには広告出稿や店舗のディスプレイや入店しや

すさ、キャンペーンやセールなどコストがかかります。


これを【1:5の法則】といいます。つまりコストを考えれば既存客に注力していくことが重要とな

ることがお分りいただけると思います。


5:25の法則。

顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善されるという法則です。

これを鑑みれば、いかに既存顧客の重要性が分かると思います。

もちろん新規顧客の獲得・開拓は必要ですが、中小企業に於いてはリピート率をいかに上げるかが

鍵となります。既存顧客を離さない施策はたくさんあります。上手に用いて顧客離れを防ぎたい

ですね。


お問い合わせ

アパレル・ファッション業界の集客・売上、経営でお困りではありませんか?
経験豊富な弊社へ、まずは些細なことでも構いません。是非ご相談ください。